食いもん礼賛〜おひとりさま食探訪日記

当たりはずれも楽しみのうち…

昼食探訪28

今日の昼ご飯はアメ横の「平成福順」。2回目の訪問だ。

f:id:SyakugakuSen:20210616123919j:image

店員、客ともにほぼ中国人。上海辺りの市場に来たような雰囲気

とにかくここはビャンビャン麺が安くて美味い。メニュー表がリニューアルされている。しかし値段はそのまま。良心的だ。

ビャンビャン麺と干し豆腐の和え物、コーラを注文する。その間にもイートインやテイクアウトの客がひっきりなし、しかも全て中国語。

干し豆腐の和え物、中国語では拌干豆腐丝と言う。コーラは可乐。

f:id:SyakugakuSen:20210616124250j:image

ほぼ干し豆腐。メニュー表と若干異なるのも中国風(笑)

干し豆腐は大好きなメニューで見つけたら必ず注文する。ここのは辛味を抑えた上品な味付け。美味い。

しばらくしてビャンビャン麺到着。

f:id:SyakugakuSen:20210616124514j:image

最初はこのように供される

f:id:SyakugakuSen:20210616124831j:image

よく混ぜるのが大事。店員さんにもよく混ぜて、と中国語で(笑)

ビャンビャン麺は最近日本でも流行り出した西安発祥の麺。この麺だけに使う複雑な漢字で有名なこの料理は、正式にはビャンビャン麺を使ったヨウポー麺で、ヨウポーとは中国語で油泼と書き、熱い油をかけた汁なしの辛い麺料理。

f:id:SyakugakuSen:20210616124921j:image

麺リフト。幅広の麺がたいそう美味い

しっかり混ぜると油と辛い調味料やタレ、そして野菜の味が麺に馴染み、抜群に美味い食べ物になる。韓国のピビンパブと同じ理屈だ。

中国駐在時代にハマり、いつか日本でも流行るはずと確信していたので、やっと世間が自分に追い付いたか、とひとり悦に入っているのだが、この店はそんなブームより前からずっと出されて来た、在日中国人のための故郷の味。

だから、自分にとっても駐在時代の味を寸分違わず堪能出来る、貴重なお店のひとつになる。

「平成福順」

 ビャンビャン麺600円

 拌干豆腐丝300円

 コーラ150円

 再訪レベル★★★

ごちそうさまでした。

昼食探訪27

今日の昼ご飯は春日通り沿い、新堀通りを東へすぐの所にある「蔵前いせや」。今回2度目の訪問。

f:id:SyakugakuSen:20210615200700j:image

創業から約50年。いせや三兄弟の末っ子。チェレステカラーが目を引く。浅葱色と言うべきか

メニューは色々あるが、店名のついたいせや丼がやはり一番良さそうだ。

f:id:SyakugakuSen:20210615201135j:image

見よ、このビジュアル。穴子天にエビ天2匹と野菜天2種。ごま油で揚げた茶色の衣に濃い色合いのタレ。まさに江戸前天ぷらにふさわしい外観。

ごま油の香ばしい香りにサクサクとした食感、辛めのタレが良く合う。見た目ほど辛くもしつこくもなく、むしろ軽さがあってどんどんいける。

天ぷらだけでなくご飯も美味い。ちょうど良い硬さの炊き加減。天ぷら、タレ、ご飯が三位一体となって口の中で美味さが広がっていく。

ああ、食った食った。一心不乱に食った。まさに至福のひととき。美味さの余韻に浸りながら店を後にした。

「蔵前いせや」

 いせや丼1,100円

 再訪レベル★★★

ごちそうさまでした。

昼食探訪26

今日の昼ご飯は蔵前から厩橋を渡り、清澄通りを南下しひとつ目の交差点を西に入った所にある「名代やぶ」。

f:id:SyakugakuSen:20210614194850j:image

街中のお蕎麦屋さん、という外観。藪蕎麦系とは関係なさそう

1時を過ぎているのに結構な客の入り。空いてる席に腰掛け、目に入ったかつ丼ともりそばのセットを注文。

しばらく待たされて来たのは、今まで行ったそば屋とはかなり違っていた。

量が。

f:id:SyakugakuSen:20210614195328j:image

そばの量がハンパない。カツもしっかり1枚分

まず、かつ丼がフルサイズ。そして、更科系のそばは底上げなしの大盛。ゆうに(この店も「やぶ」だが)藪蕎麦系の3枚はある。そして、小鉢と味噌汁。

これは…食い切れるか?

かつ丼はよく揚っていてサクサクした食感が残っていて、ふわっとした玉子と濃いめの味付けに良く合う。美味い。まさにそば屋のかつ丼、という感じだ。

そばはどちらかと言うと冷や麦のような感じで、これはこれで美味い。が、とにかく量が多い。全く上底になっていないので食べても食べても減らない。

うぅ、流石に苦しくなって、かつ丼のご飯を少し残してしまった。勿体ない…

しかし、これはヤバい量。おっさんにはかつ丼単品で充分だった。

「名代やぶ」

 かつ丼ともりそばのセット1,000円

 再訪レベル★★

ごちそうさまでした。

 

昼食探訪25

今日の昼ご飯は蔵前橋通りから新堀通りへ入ってすぐのところにある「焼小籠包ドラゴン」へ。

f:id:SyakugakuSen:20210613122423j:image

中国の街食堂的な外観

焼小籠包、魯肉飯、麻婆飯などがランチメニュー。単品では台湾や上海のいわゆる『小吃』がメインで、それをアテに台湾ビールや青島ビールを楽しむ店のようだ。

それはまた次回として、今日は魯肉飯+焼小籠包のセットを注文した。店構えは中国・台湾風だが、店員はどうやら全て日本人のようだ。

昼前の訪問で場所的にもそれほど人が頻繁に歩くエリアではないにも関わらず、他の店と違い日曜開店のせいか後から後から客が来る。

先に魯肉飯、少し遅れて焼小籠包が到着。

因みに焼小籠包という言葉は中国にはなく、生煎包と言う。そして生煎包の方が皮が厚く、蒸した小籠包とは別物で、蒸し餃子と焼き餃子のような調理法が違うだけのものではない。

f:id:SyakugakuSen:20210613123628j:image

魯肉飯…かな?器が欠けてるのはいただけない

f:id:SyakugakuSen:20210613123654j:image

こちらはまさに生煎包というビジュアル

まず、魯肉飯。これは、残念ながら魯肉飯ではなく、豚の角煮ご飯うずら卵ほうれん草載せ、である。御徒町の「新竹」に行けば本当の魯肉飯が食べられる。

次に焼小籠包。これはしっかりと生煎包。箸で皮を破ってスープをすすり、そこに黒酢を足して食べると本場の足だ。ただ、皮の旨さが足りない。中国の包子(パオズ)は中の餡だけでなく、皮の旨さがとても大切。生煎包なら上野や大阪の天六に相当美味い店がある。

「焼小籠包ドラゴン」

 魯肉飯+焼小籠包750円

 再訪レベル★

ごちそうさまでした。

軽食探訪⑨

谷中から戻って昼寝のあと、例によって「かめや御徒町店」にて間食を。

f:id:SyakugakuSen:20210612181327j:image

う〜ん、やっぱり立ち食いチェーン店は基本的にかけの方が美味いかな。あと、夕方の時間は特にせいろやもりで天ぷらを食べるのは避けた方が良いかも…。

 

小諸そば」はかけよりもりの方が美味しけど。

 

「かめや御徒町店」

 天ぷらせいろ390円

ごちそうさまでした。

昼食探訪24

今日の昼ご飯はGoogleマップでふと見つけたお店へ行くことに。場所は日暮里駅から谷中銀座へ向かう道のすぐのところ。

f:id:SyakugakuSen:20210612113511j:image

f:id:SyakugakuSen:20210612113529j:image

日暮里駅の鉄オタ聖地、トレインミュージアムこと下御隠殿橋。今日も家族連れや鉄オタでいっぱい

下御隠殿橋から谷中銀座の方へと坂を上がるとすぐに見えてくるのが本日お目当ての「あづま家」。

f:id:SyakugakuSen:20210612113904j:image

途中日蓮宗の立派なお寺。谷中はお寺が多いので風情がある

f:id:SyakugakuSen:20210612114005j:image

f:id:SyakugakuSen:20210612114058j:image

喫茶軽食とあるが、ディスプレイはかなりカオス

茶店だが先客はおらず。谷根千巡りの休憩に持ってこいの店と思われたので早めに来たのだが、拍子抜け。

f:id:SyakugakuSen:20210612114146j:image

店内は完全に純喫茶の雰囲気。これはこれでかなり良いのだが…

f:id:SyakugakuSen:20210612114232j:image

名物らしいが、今日はムリ

メニューを見ても、とにかく店の雰囲気にあったデザート類と、軽食というには無理のある食事メニューが雑多に並ぶ。

f:id:SyakugakuSen:20210612114430j:image

こちら甘味類、飲料類とお土産類(笑)

f:id:SyakugakuSen:20210612114440j:image

こちら食事類。和洋中フルラインナップ

とにかく、シューマイと餃子が持ち帰りまであるぐらいなので、シューマイライスを注文した。

しばらく待って供されたそれは、完全に町中華のセッティング。

f:id:SyakugakuSen:20210612114801j:image

店内の雰囲気とのギャップがすごい

シューマイは一つ一つが大きめ。ご飯の量も結構多い。なかなかのボリュームだがお味の方はどうか。とにかくシューマイをひと口食べてみる…う、美味い。餡は柔らかく、玉ねぎの甘みがさらに優しさを引き立てる。

これはなかなか侮れん…地元の老舗食堂の雰囲気だ。そうなると甘味類も食べたくなるが、今はお腹一杯。

谷根千巡りに疲れたら、谷根千巡りで腹を空かせたら、という両方の希望に応えられる素晴らしいお店。

「あづま家」

 シューマイライス880円

 再訪レベル★★

ごちそうさまでした。

夕食探訪⑦

今日の晩ご飯は江戸通り、須賀橋交番前交差点を南へすぐのところを西へ入った所にある「大勝軒」へ。

f:id:SyakugakuSen:20210611190910j:image

建物は中華料理店らしくないレトロモダンな趣き

f:id:SyakugakuSen:20210611191004j:image

入り口も何となく洋食店をイメージさせる

金曜日の夕方6時過ぎだが先客はおらず、ひとり暖簾をくぐる。

ひとり客なので1人がけの席へ座ろうとしたところ大きめのテーブルにどうぞとのこと。お店の優しさを感じる。

メニューは最初に目に入ったラーメン半ライスセットが気になったのでそれを注文する。おかずが選べるようで、豚肉しょうが焼きをお願いした。

f:id:SyakugakuSen:20210611191320j:image

店内も昭和レトロモダン。町中華らしからぬ雰囲気

少し待って供された。なかなかのボリューム。

f:id:SyakugakuSen:20210611191446j:image

まずラーメン。スープをひと口。油分控えめのあっさりした味で、何か記憶に引っかかる。

続いて麺。細いストレートの麺から小麦粉の香りがする。

…!麺を食べて思い出した。そうか、これは中国駐在時代によく食べた蘇州麺の味だ。油に頼らない、コクを抑えた、醤油の味がダイレクトに伝わるスープ、ストレートの細麺、まさにそうだ。

不味いのではない。むしろ美味い。ラーメンの原点を感じるような優しい味。美味い、懐かしい。

豚肉しょうが焼き。肉は豚こまのようだがしばらく漬け込んであるのか、とても柔らかい。そして甘めの味付けでニンニクも効いている。こちらもよく食べる豚肉のしょうが焼きというよりは、沖縄や中国で食べる豚肉のぶっかけ飯のような味。これも美味い。

なんと言うか、中華料理が日本に伝わって、ほとんどその味付けを変えずに作り続けられているような、町中華とも中国人経営のネオ中華とも違う独特の味。素晴らしい。

後ほど調べてみると「町中華で飲ろうぜ」紹介店だった。図らずも有名店での夕食だった。

BS-TBS|町中華で飲ろうぜ 「大勝軒」

大勝軒

 ラーメン半ライスセット900円

 再訪レベル★★

ごちそうさまでした。