食いもん礼賛〜おひとりさま食探訪日記

当たりはずれも楽しみのうち…

昼食探訪124

さて、月に一度の千林方面外出。ついでの昼ご飯は千林商店街の千林大宮駅寄りのアーケードにある「みなの水餃子」。

料理写真の掲げ方にガチ中華のニオイを感じる

f:id:SyakugakuSen:20230112180015j:image

扉を開けると目の前に食券機。店名の通り水餃子がおすすめのようなのでオーソドックスに豚肉水餃子-中国語で猪肉水饺という-を選ぶ。それ以外に一品料理も豊富だが後述する理由で注文しないことにする。

清潔感のある店内にはカタコト日本語の中国人店主がワンオペにて対応、しかしながら昼時にもかかわらず先客1名なのでのんびりとした雰囲気。やや薄暗い店内の照明と相まって、中国駐在時代を思い出す。

小さめの餃子がスープに満杯、という状況

f:id:SyakugakuSen:20230112175840j:image

供された水餃子は一人前15個というボリュームだ。まずはスープをひと口。無化調なのか、わざとらしさのない自然な優しい味。美味い。

餃子は皮が厚めでモチモチとしており、中の餡は肉汁がしっかり保たれている。これを中国の黒酢とラー油に浸して食べると思わず好吃!となるのである。

一つ一つがそれほど大きくないので15個でも腹一杯、ということではないのだが、もう一品追加するにはやはりやや多い。

それに水餃子は550円とお値打ちなのに一品料理は750円から900円ぐらいする。

せっかくなら水餃子を8個350円ぐらいにして、一品料理も少なめにして400円ぐらいにすればもっと中国の軽食-小吃-を楽しめると思うのだが。

「みなの水餃子」

 豚肉水餃子550円

 再訪レベル★★

ごちそうさまでした。